きつねの奇門遁甲
- 軍師達が愛した秘術 -
-開運法の帝王 奇門遁甲の神髄-

  • Image 01

    その道の先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは開運への扉

  • Image 04

    それは天からの啓示

  • Image 05

    願いは叶う

  • Image 06

    そしてひとつ上の世界へ…

奇門遁甲 > 立向盤 > 奇門遁甲立向月盤の一覧
 

■立向盤 目次


■奇門遁甲立向月盤の一覧

奇門遁甲立向盤の月盤の作盤になります。奇門遁甲立向月盤では、10ヶ月1局法を採用しており、その月の節入り日から翌月の節入り日前日までの1ヵ月間活用できます。奇門遁甲立向月盤では、主に引っ越し時の方位を考慮することや、支店などの出店時に重要な要素になってきます。引っ越しをする際には数か月前から計画的に準備することが大事になります。


奇門遁甲立向月盤の作盤になります。奇門遁甲では遁甲盤の作盤が一番重要な部分であり、実際の遁甲盤の内容になります。ここでの立向月盤では10ヶ月1局法を採用しています。流派により立局法や作盤法に違いがあるので注意して活用してください。


立向月盤の遁甲盤一覧
立向月盤の遁甲盤一覧
奇門遁甲立向月盤の一覧
奇門遁甲立向月盤の一覧
▼奇門遁甲立向月盤の一覧の作盤

▼奇門遁甲 検索条件
方位 各局
点数以上 以下
用途


■奇門遁甲立向月盤の一覧 一覧

▼月盤 2021/10/15 金 5時 陰1局中元
干支:辛丑 戊戌 丙申 辛卯 実節気:寒露 7
旬首:辛七 時の干:戊一 使:驚三 符:柱一


01.0
丙奇昇殿
門迫
08.5

13.2
六儀撃刑
-11.9

-2.5

-4.6

-10.6

-2.1
三奇入墓
-20.2
八門反吟

▼月盤 2021/11/15 月 5時 陰1局中元
干支:辛丑 己亥 丁卯 癸卯 実節気:立冬 6
旬首:辛七 時の干:己九 使:驚二 符:柱九


05.3

-9.1

02.2

-5.9

-6.4

03.4
三奇入墓
-1.1
丙奇得使
門迫
16.2
小格
-2.6

▼月盤 2021/12/15 水 5時 陰1局中元
干支:辛丑 庚子 丁酉 癸卯 実節気:大雪 6
旬首:辛七 時の干:庚八 使:驚一 符:柱八


11.1
刑格
-13.3

03.2

09.2

-4.0
門迫
12.0
飛宮格
-7.2

-9.4
天地反吟
-13.8

▼月盤 2022/1/15 土 5時 陰1局中元
干支:辛丑 辛丑 戊辰 乙卯 実節気:小寒 1
旬首:辛七 時の干:辛七 使:驚九 符:柱七


-2.8

-10.6
雲遁
三奇入墓
04.3

-1.3

-4.0

-1.0
戦格
六儀撃刑
-30.4

-11.1

04.2
天地伏吟 九星伏吟

▼月盤 2022/2/15 火 5時 陰1局中元
干支:壬寅 壬寅 己亥 丁卯 実節気:立春 8
旬首:辛七 時の干:壬六 使:驚八 符:柱六


14.2

11.0
六儀撃刑
-7.9
太白入熒
門迫
-6.6

-4.0

-10.4

-11.1

01.0

02.1

▼月盤 2022/3/15 火 5時 陰1局中元
干支:壬寅 癸卯 丁卯 癸卯 実節気:啓蟄 8
旬首:辛七 時の干:癸五 使:驚七 符:柱五
時干中宮

-4.9

-9.8

-10.9

-0.3

-2.5

02.0
熒入太白
-8.1

00.7

-1.9
八門伏吟



■奇門遁甲立向月盤の補足事項

ここでの奇門遁甲立向月盤では、10ヶ月1局法を採用しています。 また、奇門遁甲立向月盤は陰局のみになり、1局から9局へ、9局から8局へと逆行していきます。 月盤はその月の節入り日(太陽黄経が15度から30度推移する日毎)から1ヵ月間の盤となり、翌月の節入り日前日まで有効になります。 しかし、この節入り日前後の気は不安定になるため、使用しないのが基本になります。 「甲子 己卯 甲午 己酉年」の丙寅月が陰1局となり、逆順で巡ります。 1元は60ヵ月(5年)で、3元(上元 中元 下元)で180ヶ月(15年)になり、再び上元の丙寅月が巡り陰1局に戻ります。


奇門遁甲立向月盤
奇門遁甲立向月盤
補足事項
補足事項
▼奇門遁甲立向月盤の補足事項
月盤注意事項
局数10ヶ月1局 陰局のみ
範囲節入り日より次の節入り日前日まで
起点「甲子 己卯 甲午 己酉年」の丙寅月より陰1局
順序陰 1局 9局 8局 ~ 1局
補足10ヶ月1局 3元180ヵ月 9局各10ヶ月x2回

■きつねの奇門遁甲からのご案内

▼各種無料診断 無料メルマガのご案内

人類が研究し続けてきた「暦」という叡智から、時流の流れを掴むことを目的とした開運メルマガを配信中です。 時流を知ることにより、運という目に見えないものを感じ、好機を掴むことができるでしょう。


▼有料鑑定 占い講座 各種契約のご案内


きつねの奇門遁甲からのご案内